シニアマーケティングポータルサイト|シニアライフ総研®

シニアマーケティングポータルサイト|シニアライフ総研®

シニアライフ総研®オリジナル調査

 

シニアライフ総研®では、生活者の実態把握をするため、2015年9月に全国55歳以上の男女1,000人を対象とした独自調査を行いました。その中の一部、メディア接触、趣味、コミュニケーション、買い物、デジタルデバイスについて、全体傾向・特徴をテーマ別にご紹介します。

 

調査概要

  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 調査機関:リサーチ・ロック
  • 調査地域:全国 (居住エリア分布は下記グラフ参照)
  • 調査期間:2015年8月28日~9月1日
  • 調査対象:55歳以上の男女
    ※居宅介護を受けている方・施設介護を受けている方については介護者による代理回答
  • 回収サンプル数:1,000サンプル



p2_グラフ

テーマ

Icons made by Icon Works from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY

メディア接触

テレビ(地上波)、新聞、ネットのニュース、新聞の折り込みチラシの順に多くなっています。特にテレビ(地上波)は約84%が情報収集源としており、他メディアと比較して圧倒に多く、2位「新聞」の1.5倍にもなっています。番組ジャンル/番組名では「ニュース」と「NHK」が多く、「NHK」はシニアから圧倒的な支持を受けていると言えます。

Icons made by Situ Herrera from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY

買物

介護・看護等を受けている層を除き、約6割以上が「自分自身」で購入しており、次いで多いのが「配偶者・パートナー」となっています。特に男性は配偶者・パートナーに任せている傾向にあります。その反面、介護・看護等を受けている層は「子供」による購入が最も多くなっており、次いで「配偶者・パートナー」と続きます。

Icons made by Freepik from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY

コミュニケーション

普段最もコミュニケーションを取っている相手を尋ねたところ、約50%が「配偶者・パートナー」と最もコミュニケーションを取っており、特に男性が約57%と女性よりも高くなっています。次いで、2位「子供」、3位「友人」と続きます。子供とコミュニケーションが密なのは一緒にいる時間が長いためか、女性が約29%と男性の2倍以上となっています。

Icons made by Linh Pham from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY

デジタルデバイス

全体の約78%は毎日インターネットを利用しています。(※回答者のWEBリテラシーが平均よりも高いため、実際はもう少し低いと推測されます。)それに対して、介護・看護等を受けている層の約88%が「めったに利用しない/まったく利用しない」と回答しているため、シニア層の中でのインターネット利用者は平均寿命内の方がほとんどであると言えます。

Icons made by Freepik from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY

趣味

介護・看護等を受けている層を除くと「国内旅行」が圧倒的に多く、全体でも約43%。2位は「パソコン」で約37%、3位は「映画鑑賞」約34%、4位「ウォーキング」約30%、5位「音楽鑑賞」約28%の順になっています。旅行やウォーキング等のアウトドアの趣味が上位ランクインしている反面、パソコン、映画鑑賞、音楽鑑賞とインドアの趣味も同時に上位に入っています。