シニアマーケティングポータルサイト|シニアライフ総研®

行政から学ぶ

行政の現場より取材レポート

亀山市が目指す地域包括ケアシステム

旧東海道関宿

旧東海道関宿

日本は世界に冠たる超高齢社会であり、2025年には「団塊の世代」が後期高齢者(75歳以上)となり、介護や福祉分野の需要はますます増え続け、介護予防や介護の問題、単身化や孤独の問題が急増する。

このため厚生労働省においては、2025年を目途に高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進している。

具体的に地域の行政はどのような取り組みをしているのだろうか。地域包括ケアシステムの構築をはじめた三重県亀山市を取材したので紹介する。

 


取材にご協力いただいた方

kameyama

  • 三重県亀山市 健康福祉部 高齢障がい支援室 室長(兼)地域包括支援センター長  古田 秀樹 氏 (左)
  • 三重県亀山市 健康福祉部 高齢者障がい支援室 副室長  藤本 泰子 氏 (中)
  • 三重県亀山市内 田中内科医院 院長 田中 英樹 氏 (右)

 

無題

第4章 かめやまホームケアネットの裏側~

本人及びその家族が喜ぶ「在宅での看取り」を選択肢のコアにする事ができる社会インフラを「医療」「介護」「行政」が三位一体となって構築する事を目指してスタートしたシステム「かめやまホームケアネット」。 この章では、「かめやまHC」の構築に向け、多職種が参加する「在宅医療連携議」について紹介していく。

2015年9月 取材

>続きはこちら

kameyamasityo

第3章 かめやまホームケアネットの始動

システムの根幹である「市民が人生の終末を自らの意志と家族理解のもとに描き、それをサポートする地域包括システム」が機能した事例を積み重ね、確かな手ごたえを持ってシステムを正式スタートさせることを2015年2月22日 櫻井義之亀山市長が声高らかに宣言した。 この章では、「かねやまホームケアネット」が包括ケアシステムにおいて果たす役割について紹介していく。

2015年2月 取材

>続きはこちら

無題2

第2章 ケアシステムの中枢をなす2つの施設

三位一体の地域包括システム構築と市民啓発は亀山市だからこそ進められる2つの要因。高齢者の日常生活に密着したコミュニティスペース、総合保健福祉センター「あいあい」と、在宅医療を推進していくうえで、緊急時に医療受け皿となり得る「亀山市立医療センター」。 この章では、この2つの施設がケアシステムの中で果たす役割についてご紹介していく。

2014年9月 取材

>続きはこちら

無題

第1章 ケアシステムの全体像

厚生労働省からは、「団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を実現する」とある。 そんな中、三重県亀山市の取り組みを例に、地方自治体が実際に取り組む地域包括ケアシステムを紹介していく。

2014年2月 取材

>続きはこちら