シニアマーケティングポータルサイト|シニアライフ総研®

現在の住居に関する満足度/家庭内事故/外出時の障害

8割の高齢者は現在の住居に満足しており、体が弱っても自宅に留まりたい人が多い

60歳以上の高齢者に現在の住宅の満足度について聞いてみると、「満足」又は「ある程度満足」している人は総数で76.3%、持家で79.1%、賃貸住宅で56.6%となっています。

 

%e7%8f%be%e5%9c%a8%e3%81%ae%e4%bd%8f%e5%b1%85%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e6%ba%80%e8%b6%b3%e5%ba%a6

出典:内閣府「高齢者の日常生活に関する意識調査」(平成26年)

 

 

さらに、現在の住宅の不満な点を聞いてみると、「住宅が古くなったりいたんだりしている」が63.8%と最も多く、「住宅の構造や設備が使いにくい」(32.2%)、「家賃、税金、住宅維持費等の経済的負担が重い」(24.8%)と続いています。

 

 

高齢者は家庭内事故が多く、最も多い事故時の場所は「居室」

医療機関ネットワーク事業の参画医療機関から国民生活センターに提供された事故情報によると、65歳以上の高齢者が20歳以上65歳未満の人より住宅内での事故発生の割合が高くなっています。事故の発生場所は、「居室」が45.0%と最も多く、「階段」18.7%、「台所・食堂」17.0%と続きます。

 

%e4%ba%8b%e6%95%85%e7%99%ba%e7%94%9f%e5%a0%b4%e6%89%80

 

%e4%ba%8b%e6%95%85%e7%99%ba%e7%94%9f%e5%a0%b4%e6%89%80%e8%a9%b3%e7%b4%b0

出典:国民生活センター「医療機関ネットワーク事業からみた家庭内事故─高齢者編─」(平成25年3月公表)

 

 

60歳以上は「道路の階段や段差・傾斜・歩道の狭さ」について外出時障害と感じている

60歳以上の高齢者が、外出時の障害と感じていることをみてみると、「特にない」が44.5%ですが、障害と感じている事柄は、「道路に階段、段差、傾斜があったり、歩道が狭い」が15.2%と最も多く、「ベンチや椅子等休める場所が少ない」(13.7%)、「バスや電車等公共の交通機関が利用しにくい」(13.4%)と続いています。

 

 

%e5%a4%96%e5%87%ba%e6%99%82%e3%81%ae%e9%9a%9c%e5%ae%b3

出典:内閣府「高齢者の日常生活に関する意識調査」(平成26年)

 

記事作成:2016年9月


<<<高齢者の世代間交流

高齢者の交通事故死者数/刑法犯罪被害/振り込め詐欺被害>>>

 

 

シニアマーケットに関するリサーチ等のご相談も承っております。お気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちらから