シニアマーケティングポータルサイト|シニアライフ総研®

【シニアの消費】有業人員数・持ち家率・消費支出額 2019年7月

60代の世帯の有業人員平均は1人、70代~は1人未満

有業人員(世帯員のうち勤め先のあるもの,自営業主,家族従業者,内職従事者などの人数で,家事使用人及び住み込みの営業上の使用人は含めない。)の全体平均は70歳以上の就業率が大きく低いため1.1人でとなっているが、60~69歳は1.11人と平均値とほぼ同数値であり、70歳~は平均値を大きく下回る0.42人となっています。

 

世帯主年齢別/有業人員数

有業人数

 

 

60代~の持ち家率は全体平均を上回る85%以上

持ち家率を見ると、全体平均は75.6%となっており、~59歳は平均を下回っています。対して60歳を境にして60~69歳は86.4%、70歳~は88.8%となっており、60歳~は平均を上回っています。持ち家率は年齢が上がるに従って上昇する傾向にあります。

 

世帯主年齢別/持ち家率

持ち家率

 

 

60代の消費支出合計は1か月あたり約27万円、70代~は約21万円

総支出合計は、全体平均約26万円となっており、30~69歳は平均を上回っていますが、70代~は平均値を下回っています。年齢傾向を見ると、年齢が高くなるにつれ支出は多くなる傾向にりますが、50~59歳をピークに下降傾向にあります。

 

世帯主年齢別/消費支出合計金額

消費支出

 

※データ出典元:統計局「消費動向指数(CTI)参考詳細表 年次 2018年世帯主の年齢階級別(総世帯)を加工して作成

 

記事作成:2019年7月


シニアマーケットに関するリサーチ等のご相談も承っております。お気軽にお問合せください。

banner_reserch