シニアマーケティングポータルサイト|シニアライフ総研®

【シニアの概況】高齢者の住まい 2019年9月

高齢者のいる主世帯の8割以上は持家に居住

高齢者(65歳以上)のいる主世帯について、住宅所有の状況をみると、持ち家が82.7%と最も多くなっています。ただし、世帯別にみると、高齢者(65歳以上)単身主世帯の持家の割合は65.6%となり、高齢者(65歳以上)のいる主世帯総数に比べ持ち家の割合が低くなっています。

 

住居の状況

総務省統計局「住宅・土地統計調査」(平成25年)を加工して作成

総務省統計局「住宅・土地統計調査」(平成25年)を加工して作成

 

 

高齢者は家庭内事故が多く、最も多い場所は「居室」

医療機関ネットワーク事業の参画医療機関から国民生活センターに提供された事故情報によると、65歳以上の者が20歳以上65歳未満の人より住宅の屋内での事故発生の割合が高くなっています。事故の発生場所は、「居室」が45.0%と最も多く、ついで「階段」18.7%、「台所・食堂」17.0%が多くなっています。

 

65歳以上の者の家庭内事故

 

内閣府「高齢者の経済・生活環境に関する調査」(平成28年)を加工して作成

国民生活センター「医療機関ネットワーク事業からみた家庭内事故-高齢者編-」(平成25年3月公表)を加工して作成

国民生活センター「医療機関ネットワーク事業からみた家庭内事故-高齢者編-」(平成25年3月公表)を加工して作成

 

 

60歳以上の者の日常の買物は「自分で自動車等を運転」が一番多い

内閣府が2016年に行った調査では、日常の買い物について、自分でお店に買いに行くと回答した者に主たる交通手段を尋ねたところ、全体では「自分で自動車等を運転」が55.6%と高く、「徒歩」(28.4%)が約3割を占めています。大都市では、約半数が「徒歩」(50.1%)と回答し、ついで「自分で自動車等を運転」(32.9%)、「家族等が運転する自動車やタクシー」(6.4%)との回答が多くなっています。町村では、7割近くが「自分で自動車等を運転」(67.1%)と回答し、ついで「徒歩」(18.7%)、「家族等が運転する自動車やタクシー」(9.7%)との回答が多いです。

 

買い物に行くときの主な手段(都市規模別)

内閣府「高齢者の経済・生活環境に関する調査」(平成28年)を加工して作成

内閣府「高齢者の経済・生活環境に関する調査」(平成28年)を加工して作成

 

 

また、年齢別にみると、女性の75歳以上では「自分で自動車等を運転」の割合が18.3%と、60~74歳に比べ大幅に低く、他方で、「徒歩」(51.3%)が多くなっています。

 

買い物に行くときの主な手段(年齢別)

 

買物に行く時の主な手段(年齢別)

内閣府「高齢者の経済・生活環境に関する調査」(平成28年)を加工して作成

 

 

記事作成:2019年9月

 


関連記事

 


シニアマーケットに関するリサーチ等のご相談も承っております。お気軽にお問合せください。

banner_reserch