シニアマーケティングポータルサイト|シニアライフ総研®

シニアマーケティングポータルサイト|シニアライフ総研®

雪印ビーンスターク株式会社/「プラチナミルク」新発売

 「プラチナミルク」新発売
大人のための“美味しい粉ミルク型サプリメント”

 

 雪印メグミルクグループの雪印ビーンスターク株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:平田 公孝)は、大人のための”美味しい粉ミルク型サプリメント“「プラチナミルク」をピップ株式会社(本社:大阪府大阪市 代表取締役社長:藤本 久士)との共同取組により2017年9月より発売いたします。

 

 「THE WELLNESS COMPANY」として人々の心身の健康に貢献する企業を目指すピップ株式会社が力をいれる大人のお客様の健康に対するニーズに対し、雪印ビーンスターク株式会社が半世紀以上にわたる母乳研究および乳幼児用粉ミルクの研究で培った研究開発力で応える“美味しい粉ミルク型サプリメント”という新カテゴリー商品です。
 なお本商品は、ピップ株式会社を通じて販売いたします。

 

 雪印ビーンスターク株式会社 「プラチナミルク」forバランス 雪印ビーンスターク株式会社 「プラチナミルク」forパワー  雪印ビーンスターク株式会社 「プラチナミルク」forビューティ

 

【開発背景】
 雪印ビーンスターク株式会社は乳幼児用粉ミルクを発売しておりますが、「子供ではなく大人の自分が飲んでいる」というお声をいただいたり、お客さまから「粉ミルクは大人が飲んでもいいですよね?」というお問い合わせをいただくことがございました。
 当社にて大人を対象に調査を実施したところ、「総合的に栄養がとれるから」や「からだによさそうだから」という理由で、乳幼児用粉ミルクを利用されている方がいらっしゃることがわかりました。
 粉ミルクは単に牛乳を粉末にしたものではありません。牛乳と母乳では成分が異なるため、粉ミルクを母乳に近づけるよう、種々の原材料を使い、さまざまな技術で加工しています。そのままでは臭いが強いDHAのような成分もありますが、技術を駆使することによって、赤ちゃんが美味しく飲めて母乳に近い粉ミルクが出来ています。
 そこでその技術を応用し、ピップ株式会社の持つ大人の健康に対するニーズの知見を活かし、より大人に適した粉ミルクの開発を進めました。その結果誕生したのが、“美味しい粉ミルク型サプリメント”「プラチナミルク」です。年齢を重ねると増えてくる悩みに応えられるように、3品ご用意しました。

 

美味しく続けやすい「プラチナミルク」が、皆さまの“プラチナのように輝く毎日“を応援します。

 

 雪印ビーンスターク株式会社 「プラチナミルク」

 

※参考情報:HMB(エイチ・エム・ビー)
 HMBとは、β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸のことです。
 日本人の食事摂取基準2015年版の「3.高齢者 フレイルティ*1及びサルコペニア*2と栄養の関連」の項に
 おいて、有用な成分として紹介されています。
 筋肉の材料となる成分のひとつに、必須アミノ酸であるロイシンがあります。このロイシンから体内で
 作られる成分がHMBです。
 *1フレイルティ:老化に伴う種々の機能低下を基盤とし、様々な健康障害に対する脆弱性が増加している
    状態、すなわち健康障害に陥りやすい状態
 *2サルコペニア:加齢に伴う筋力の減少、又は老化に伴う筋肉量の減少
               (参考:日本人の食事摂取基準2015年版)